Hanes 3P-T ゴールド・ブルー・レッド。それぞれの半年後。


3枚パックで、この値段…品質はどうなんだろう?
3種類あるけど、どれほど違うんだろう?


きっと3Pを買った経験のある方(買おうと思った方)は、こんな疑問を一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。

そこでモニター記事のため、この半年間「ゴールド・ブルー・レッド」を平等に着込んでみた今回。
改めて思ったのはなんともきれいに差が出ること。
今まではごちゃ混ぜで着たり、どれかひとつのシリーズだけ着たりで、なんとなく…だったそれぞれの差が、
今回極めて明確になりました。

3Pシリーズはそれぞれに独自の魅力があって、耐久性が全てではないですが、
今回はあえて耐久性だけに焦点を当ててお送りしてみます。


▲赤パック
コットン100%で独特の味わい「クタリ」が見られる首元。ボディにも独特の風合いが出て良い感じです。この風合いは赤パックでしか味わえず、ファンが多いのも納得。

▲青パック
着くずれ防止のためにポリエステルを混合(25%)した青パック。さすがに赤パックと比べると首元のクタリが少ないですね。また、ポリエステル配合で、汗をかいた後の速乾性を期待できるのも青パックの美点。

▲ゴールドパック
着る前から明らかにしっかり感が漂うのがゴールドパック。さすがプレミアムコットン100%。ポリエステル配合の青パックに比べても明らかに首元のクタリがない。今回改めて着比べてみると驚きます。

▲ページのトップへ



▲ページのトップへ