チャンピオン事典


リバースウィーブ®
Championが特許を取得し、キング・オブ・スウェットと呼ばれる契機となったのがリバースウィーブ製法。発案されたきっかけはある一つの会話からだった。それは「洗うと縮んで裾が短くなってしまうのはなんとかならないか?」と言うもの。それなら、と生地の方向を縦横逆にし、更にサイドにリブを入れる事で横方向への縮みにも対応させた。これほどオリジナリティーを持つスウェットは他になく、Championと言えばリバースウィーブ®とすら呼ばれる理由でもある。

フリーダムスリーブ
短命に終わった幻の袖型。肩から袖にかけてカーブを描くS字ラインが特長で、腕の動きがより自由になるように工夫されたことから命名されたショルダーデザイン。1940〜50年代に流行したものの、生産効率の悪さゆえ、めっきり少なくなった希少価値の高い袖型だ。

セットインスリーブ
スウェットシャツの祖先、ウールセーターの時代から継承される代表的なショルダーデザイン。リバースウィーブ®の場合は、1940年代にこのデザインを採用した。

吊り機
一本のセンターシャフトで梁に吊り下げられて、「ヒゲ針」を放射状に配列した「シンカーホイール」を有する丸編機です。吊機には「ヒゲ針」が約1000本以上も取り付けられており、その無数の針を水平に揃えなければならず、吊機で生地を編む上で、吊職人の熟練した技術が必要とされる理由のひとつ。またこの吊機にとって命でもある「ヒゲ針」は特殊な編み針で、グロッツ・ベッケルト社というドイツのメーカーがかろうじて生産を続けているという状況です。

2本針ステッチ
2本針による強度のある製法で、現在では定番のディテール。1940年代のスウェットの主流でリバースウィーブ®にもこの2本針を採用している。

4本針ステッチ(フラットシーマ)
4本の針と糸(下糸を入れると5本)によって縫製されたもの。生地裏面に縫い代がない為、肌に縫製箇所が当たらず着心地がいい。1950年代に採用されるが、生産効率が悪いので、全ての縫製箇所を4本針で行わず、袖リブや胴リブの縫製は2本針や3本針を採用しているものも多い。

サガラ刺繍
サガラ刺繍とは、 パイル状に埋められたボリューム感のある刺繍で、このボリューム感ある刺繍により、手触りがふんわりしたものとなります。 主にワッペンで使われるので見た事がある方も多いのでは。またアイロンがけはサガラが潰れてしまうのでオススメ出来ません。

リバーシブル
リバーシブルは1939年にChampionが世界で初めて考案したもの。きっかけは海軍からの訓練用にと言う要請で、表と裏が違うものがあれば2チームに別れる訓練時のユニフォームも1種類で足りた。ちなみに記念すべき第1号はネイビーとゴールドのリバーシブル。


C マーク
チャンピオンの頭文字をとった、ロゴマークを指す。チャンピオンの全商品の各所に付けられている。

リブ
冷たい風が入るのを防ぎ、暖かさを逃さないために、主に袖口と裾の部分に使用されている。一般的にリブの長さが長いほど年代的には古いとされている。また、リバースウィーブ®には両脇にリブが施されてるが、これは激しい動きにも対応するためのものだ。

ガゼット
衿ぐりにある三角形のパーツで、それがV字に見えることから、前部にのみ付けられたものを前V、前後両方に取り付けられたものを両Vという。汗止めとも呼ばれるが、実は着脱時の伸縮を補強するための「はめこみ式」、汗止めとして生まれた「はりつけ式」と、時代によって形も機能も違う。

バインダーネック
ルーズリーフのバインダーと同じ意味のバインダー(挟む)です。Tシャツを製作する段階で、首のリブを、生地に挟み込んで縫製された、Tシャツのネック部分を指す言葉でバインダーネックは2本針縫製で、取付けられる事が多く、Tシャツの首部分が伸びちゃうって事が少ない、堅牢な縫製方法。お気に入りのシャツの首回りが伸びてしまった経験のある方も、多いかと思いますが、2本針のバインダーネックなら大丈夫。首周りが強いから、長い間愛用出来ます。

ハーフジップ
着脱衣をスムーズに行う目的で、チャンピオンはスウェットにZIPを導入。胸部分までテープを施している。

フルジップ
ほぼジャンパーと同じく、フロント全体をジップアップ式にさせた型を指す。チャンピオン社製の現行品ではパーカなどが好例と言えるだろう。


ランナーズタグ
ゴールする人間の絵を、タグにプリントしたもの。50年代以前の代表的パーツである。このタグが付くスウェットは貴重とされている。

ランナー in C
50年代まではワク内にいたランナーのマークが60年代に入ると頭文字のCの中に登場。こちらもレアなパーツだ。このランナーが現在のCロゴの起源。

タタキタグ
リバースウィーブ®の古いタイプに見受けられる。50四方を縫い付けたタグ。現在、市場では貴重な存在。

赤単色タグ
リバースウィーブ®の70年代製に付くタグ。赤一色の文字で構成されており、コレクターの間では常に人気の的。

青単色タグ
リバースウィーブ®の70年代製に付くタグ。赤単色も青単色もほぼ同時期のラインと見て良い。

ブルーバータグ
70年代以降に使われていたタグ。フットボールTシャツなどでお馴染み。

トリコロールタグ
チャンピオンのシンボルカラー、赤と青、そして白をあしらったタグ。プリント製なら80年代、刺繍型であれば90年代、と区別ができる。

トリコロール刺繍タグ
チャンピオンの象徴、リバースウィーブ®の刺繍タグ。90年代以降、最近まで使われていた。


霜降りグレー
スウェットシャツの代表色。 霜が降ったように、ところどころが白っぽくなっているのが特長。糸自体を染色した色とりどりのスウェットシャツが誕生したのは1950年代。大学のアスリートたちが他の大学の選手と色でも差別化できるようチャンピオンが開発したのが最初。それまでカラーと言えば、この霜降りグレーしかなかった。

米綿仕様
無骨な男らしい肌触りにファンが多いのが米面仕様。最近主流のソフトな風合いとは一線を画す。洗う程に目が詰まり、まるでジーンズの様に育てる感覚が味わえる事から往年のファンが好む。

サーマル
ワッフル状の凹凸に熱を閉じ込める事が出来る事から保温性が高く、軍装備にも採用された経歴のある生地。表面が凸凹している為、汗をかいても肌にベッタリくっつく事がなく、サラサラと快適な着心地を楽しむ事が出来る。

裏起毛
裏側に太い糸を添えて編み、起毛させた編地。少し厚く弾力がある表と柔らかくフリースの様に暖かい裏から構成される。

裏毛
タオルのような質感(パイル地)で、アウターとしては厚手ではないので重ね着などにも便利なアイテム。

oz(オンス)
ヤード・ポンド法で重さを表す単位(1oz=28.349523125g)。チャンピオンのアイテムでは生地の厚さを判断するスペックとして使われ、1m×1mの面積(1平方メートル)や、1ヤード×1ヤードの面積(1平方ヤード)での重さを表します。"ヘヴィーウェイトTシャツ"の定番T1011は7oz/yd2の生地を使用。


ストーンウォッシュ
縫製後の製品を専用の石と一緒に入れて水洗い。石の種類は加工所によって異なる。加工時間の長いものをヘビーストーンウォッシュとして表現。加工時間、石の種類にもより風合いに差が出る。長時間行いダメージ加工として活用する場合もある。長年に渡り、洗濯された雰囲気の着古した色あせ感と素材感を表現。

サンドウォッシュ
専用の砂と一緒に入れて洗う。加工時間、砂の種類により風合いの差が出る。 砂による色落ちのムラがヴィンテージ感を醸し出す。

アルカリウォッシュ加工
一般的にはセスキ炭酸ソーダ等を用いて加工。ユーズドの表情をリアルに演出する為に用いられる手法の一つ。

ガーメントウォッシュ
縫製後の製品を水洗い。加工時間の長いものをヘビーガーメントウォッシュとして表現。加工時間により風合いに差が出る。素材表面に味が出て、購入後の洗濯における縮みを軽減出来る。

バイオウォッシュ
微生物作用の工学的利用の1つで、セルラーゼ酵素を用いて天然繊維表面の不要部分を微生物に食べさせる。綿糸などの繊維セルロース部分に効果があり、繊維を柔らかく仕上げるために使用される。また、長時間のバイオウォッシュをかけ、着古した風合いの加工にも用いられる。

ヘビーストーンエンザイムウォッシュ
長い年月をかけて生まれるユーズド的な素材感を出すために、縫製後、酵素入りの液体と石で洗い加工。酵素とは、生体で起こる化学反応を触媒する物質のことでその種類は加工所によって異ります。繊維の毛羽を無くすことにより滑らかな表面を作ります。


レタリング加工
ウェアにアルファベットや数字をプリントするようになったのは、1930年代のチャンピオンがTシャツに導入したのが最初。以来、プリント加工のほとんどはチャンピオンの手によって開発されている。

染込みプリント
ヴィンテージスウェットで多く見かけるプリント手法。シルクスクリーンでプリントすることが出来る。染料が生地に染込んでいるため凹凸が無く、発色がいいのも特徴。着用していくうちに色抜けし、良い雰囲気になる。また、染込みプリントはラバーインク開発以前のもの。

ラバープリント
ラバー、つまりゴムである。ヴィンテージスウェットの中でもチャンピオンのリバースウィーブ®に多く見られる。鮮やかな発色は無いが、艶と厚みがあるのが特徴。独特の雰囲気と高級感があり伸縮性に優れている。

オイルプリント
厚みがなく生地に馴染みやすいオイルプリント。同じように生地に馴染む染込みプリントとは違い濃色へのプリントでも綺麗に色を表現することができる。着こむ程に味が出るかすれた風合はチャンピオンのプリントでも多く見られる手法。

フロッキープリント
0.1〜0.2mmに切った繊維微粉(フロック)を生地に接着して、毛羽模様を表現するプリント手法。チャンピオン社としてウェアへ導入し特許を取得。リバースウィーブ®同様チャンピオンの名技術のひとつである。

抜染プリント
抜染剤を使って生地の染料を抜き表現する方法。インクをのせない技法のため、生地そのままの風合いを生かし柔らかな仕上がりに。染料プリントでは表現が難しかった濃色生地へ繊細な柄をリアルに表現する事が可能。

着抜プリント
脱色したあとに着色するプリント手法。抜染プリントと染込みプリントを組み合わせたこの手法によって生地の風合いをそのままに濃色生地への淡色染込みプリントの表現が可能。ひと手間かけたチャンピオンらしいこだわりを感じるプリントです。

エナメルプリント
透明のフィルムを貼ったような表面になり、奥行きがあります。エナメル独特の透明感があって発色も良いため、繊細なカラーを出したい時にもよく用いられる。また着込む程にひび割れていき独特の風合いを創出するため、着用頻度によって一つ一つ違ったオリジナルの経年変化が楽しめる。

パフプリント
立体感が表現できるプリント手法。プリント部分の手触りはスポンジを触ったようなやわらかい質感で丸みを帯びたやわらかい雰囲気が特徴。





MADE IN USA 〜永遠のこだわり、永遠の憧れ、MADE IN USA〜
Championらしい物づくりへのこだわりを反映し、糸、生地、縫製、全てにおいて「メイド・イン・USA」にこだわったコレクション。

REVERSE WEAVE® 〜1934年に誕生した不屈の定番〜
1934年、ニューヨーク州ロチェスターでアスリートのためのウェアとして誕生して以来、時を超え、世代を超えて愛され続けている不屈の定番、リバースウィーブ®。身生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減し、サイドリブが横縮みと動きやすさを実現。

ROCHESTER 〜アメリカンヘリテイジブランド、チャンピオン〜
歴史に残る名品の数々を作り上げてきたChampionのクラフトマンシップの軌跡をたどり、細部を仕上げた40年代〜60年代を中心とした当時のアイテムを起源とするこだわりのヴィンテージコレクション。

CAMPUS 〜アメリカンカレッジテイスト〜
Championらしいアメリカンカレッジテイストの明るいカラーリングとバリエーション豊富なプリントデザインで構成された、より身近にヴィンテージ感を楽しむ事ができるコレクション。

BASIC 〜飾らず、しかし純度の高いシンプル主義。Championのエッセンスが詰るエントリーモデル。〜
Championの代名詞:リバースウィーブ®やMADE IN USAなどよりも、もっと手軽にChampionの魅力を楽しんで欲しいとリリースされたモデルがこのBASIC。Championのシリーズ中もっとも手頃な値段ながら、きちんとChampion伝統の物作りが息づくエントリーモデル。

SPORTS PERFORMANCE 〜機能性を重視したカジュアルだけじゃないスポーツウェア〜
カジュアルだけではなく機能性を重視し、身近で着られるスポーツウェアを提案するスポーツマインドを持ったユーザーのためのコレクション。

70'S VINTAGE 〜「伝統」を受け継ぎながらも「進化」し続けるChampion〜
ヴィンテージファンから高い支持を集めるChampion1970年代アイテムの復刻コレクション。

ACTION STYLE 〜スポーツウェアの機能性を取り入れたストリートウェア〜
スポーツウェアの機能性やカッティングを取り入れた、ファッションとしてのストリートウェアを楽しめるコレクション。

WOMEN'S 〜Championらしさが感じられるウィメンズコレクション〜
ウィメンズならではのタイトなサイズ感やスタイルによって女性でも気軽にアメカジのヴィンテージ感を楽しめるコレクション。

KID'S 〜メンズコレクションを彷彿とさせるアイテム〜
キッズサイズになってもチャンピオンらしい細かなディテールやこだわりが詰まったコレクション。

T1011
発祥は1930年代。当時、肉厚で縫製強度の高いタフなボディが評価され、カレッジの体操着として使用されたいたカラーTシャツが、現在のT1011(ティーテンイレブン)の前身。その後、幾度かの改良を経て、アスリートだけではなく、一般の人々からも"ヘビーウェイトTシャツ"の定番として愛されるようになった。

REVERSE WEAVE® PREMIUM JERSEY
ポリエステルの芯を綿で包んだ特集二層構造糸を使用することで、ざっくり感のある武骨な風合いとコットンの肌触りはそのままに、軽量で乾きやすく、寸法安定性に優れた素材。独特の粗引き杢の見え方が特徴のシリーズ。

REVERSE WEAVE®×WINDSTOPPER®
ゴアテックス社との共同開発により発売された「リバースウィーブ®×ウィンドストッパー®」。その優れた防風機能をスウェット素材と融合させたアイテム。しっかりとした太番手の表地と、非常に柔らかみがあり保温効果をもたらす裏生地の間に、防風機能を備えたウィンドストッパー®メンブレンをラミネートして製法されたチャンピオンオリジナルのウィンドストッパー®。

Double Dry
アメカジライクなアイテムに吸水速乾性を付けた機能性の優れたシリーズ。素早く汗を吸い取り即時に乾燥させ、ドライで快適な着心地をキープ。



▲ページのトップへ



▲ページのトップへ